FC2ブログ
スタッフ犬はな の日常と、お仕事関連のよもやま話
http://azuminoah.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

シロクロ飼い主

Author:シロクロ飼い主
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア


ジオターゲティング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2016.01.02/ 09:45(Sat)
現在、スタッフ募集中です。
詳しいことは、お問い合わせください。
info@azumino-ah.com
0263-87-3095

他人の空似3
 
スポンサーサイト



Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
2015.11.03/ 08:00(Tue)
突然ですが、一身上の都合によりこのブログは、
↓こちらにお引越しすることになりました。
http://azuminoah.naganoblog.jp/
引越し先でもご愛顧いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。



ところで、長らくお預かりしていたピーちゃんですが、
無事飼い主さんのもとへと帰って行きました。
こちらがバタバタしているすきに、
あいさつもそこそこにルンルンで帰って行ってしまいました(/_;)。

そして、ピーちゃん滞在中我が物顔で使っていたはなさんのこのベッド。
ピーちゃん、ねむねむ

不思議なことにピーちゃん滞在中は、はなさんは一切使わなくなっていたのですが、
ピーちゃんが帰って、消毒して洗濯してあげたら、またちゃんと使い始めました。
帰ってきたベッド
ピーちゃん臭が気に入らなかったのか、ピーちゃんに気を使っていたのか、
いずれにしても、はなさんはほっと一息つけたようです(*^_^*)。 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2014.12.05/ 10:53(Fri)
何だかスポンサーサイトが出るのが嫌なので、
これからたまーにナガブロ(宣伝用ブログ)に書かない方がいいような気がする愚痴なんかを
書いていくかもしれません。
って、こっちもう見てる人いないよね?
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2014.10.09/ 15:29(Thu)
本日更新をお休みします<(_ _)> 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2014.10.02/ 00:00(Thu)
これは、どっちかというとスタッフ日記だと思いますが、
もしかしたらお役に立つこともあるかも…と思い、木曜日のネタにしました。
残念ながら、写真なしです。
撮っておけばよかったと、今になって思います。

先日の早朝(朝六時頃って早朝ですよね?)、猫の声で目が覚めました。
「子猫が親を呼んでる声だな~」なんて思っていたのですが、なかなか鳴き止まない。

「え!?もしかして子猫捨てられた?」と思い、外に出てみても見つかりません。
大体、動物病院に子猫を捨てていくっていうのはよくあることですけど、
(絶対やめてください、大迷惑です。そしてそもそも犯罪です!)
うちの場合、通り沿いは夜でも人目に付くし、敷地内に入るとはなさんがギャン吠えするし、
知らないうちに置いていかれるというのは考えにくい状況です。

おかしいなあと思いつつ、家の中に戻ったのですが、
その後も猫の鳴き声は続き、病院を開ける時間になってもまだ声がしています。

多分なにか困ったことになってる猫がいるなあと、
声のする方向を探ってみると、お隣のお庭の木の下に猫さんが…。
でも、そのネコさんは鳴いていません。
ふと視線をあげてみると、生後3~4ヶ月の子猫が枝の上に…。
「あ~、降りられなくなっちゃったのね…(´・_・`)」

ちょうど、お隣の方が出てこられたので、
はしごをお借りすることと、庭にはいらせていただく許可を取り、
洗濯ネットとバスタオルを持って(野良なので、素手では危険)
はしごを木にかけて救出に向かったのですが、
怯えてさらに上に登っていってしまいました(>_<)。(そりゃそうだよね~、野良だもん)

困り果てて一旦病院へ戻り、インターネットで対処法を探そうとしたんですが、見つかりません。
「動物病院へ相談」とか書いてあるのもあって、
「なんでも獣医に聞いたら解決すると思うなよ~!!」なんて思ってみました。
で、困り果てていたのですが、
ふと、「一番下の枝までだったら自分で降りられるんじゃない?」と気づき、
「じゃあ、一番下の枝にはしごをかけておいたら自分で降りられないかな?」と思い、
はしごを人が登るのに使うよりも斜めにして
木の一番下の枝のところに立てかけて、その場を離れました。

一時間くらいたって、子猫の声が聞こえなくなって様子を見に行くと、
親子猫はいなくなっていました。
(ちなみにお母さん猫(多分)はこの間ずっと少し離れたところから見守っていました。)

え~、今回のことから学んだこと。
高いところで降りられなくなっている猫を見たら、
はしごをかけて、そっとしておいてみましょう。です。

最後に、うちのお隣の方は、猫の糞害の被害に遭われたり、
素敵なお庭を猫に荒らされたりしていて、「猫は嫌い」と公言されています。
にも関わらず、猫さんの救出に快く協力してくださったことに心から感謝しております。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Copyright © 2019 あづみの動物病院ブログ, all rights reserved.