FC2ブログ
スタッフ犬はな の日常と、お仕事関連のよもやま話
http://azuminoah.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

シロクロ飼い主

Author:シロクロ飼い主
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア


ジオターゲティング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Yahoo!の知恵袋なんかを見ていると、
時々「避妊・去勢手術の前の血液検査は必要ですか?」という質問を目にします。
中には、獣医師から「若い子は検査しなくても大丈夫」
と言われたという方もいるようです。

「若い子は検査しなくても大丈夫」はある意味本当と言えるかもしれません。
私は以前、術前検査をしない病院に勤めており、
検査せずに優に100頭以上のワンちゃん猫ちゃんを手術しましたが、
特に問題は発生しませんでした。

でも、今はすべての子に術前検査をしてもらっています。
なぜなら、100%安全な手術というのはありえないからです。
術前特に健康状態に問題が見られなかった
ワンちゃん猫ちゃんの手術で1000頭に1頭の割合で
予測不可能な死亡事故が起こっていると言われています。

私は今のところ事故を起こしてはいませんが、
この仕事を続けていく以上、
いつか事故を起こしてしまうかもしれないと覚悟しています。
その時、検査をしても避けられなかったかもしれないけれども、
「これをやっていれば事故は起こらなかったかも」
という可能性を残すのはできる限り避けたいと思っています。

血液検査をしていれば避けられた死亡事故は、
おそらく100頭に1頭もおこらないのでしょう。
でも、もしかしたら1,000頭、10000頭に1頭はいるかもしれません。
そして、その不幸な1頭は今から手術するこの子かもしれないでしょ?

また、もう一つ知っておいていただきたいことは、
獣医療で、「これはしてはいけない」ということをしたり、
「これはしておかなくてはいけない」ということをしなかったりして、
実際に問題が起こるケース(又は起こったことが分かるケース)
というのはすごく少ないのです。
「これをしてはいけない」というのはつまり
「ほとんどの場合、大丈夫だけど問題が起こることもあるからやっちゃダメだよ」
ということなんです。
安全な医療というのは「ごくまれでも問題が生じるならばできるだけ避けましょう」
ということを、地道に積み重ねて築いていくものなのだと思います。
※「できるだけ」というのは完全に避けていたら医療行為はほとんどできなくなるからです。

避妊・去勢手術では、検査以外でも
やるべきだけどやらなくてもほとんどの場合大丈夫な
安全確保や動物の負担を減らすための処置がたくさんあります。
そしてそういう処置はやってもやらなくても飼い主さんにはわからない上に
やると手間と経費が増えます。

これらの処置をひとつ減らすということは、
ロシアンルーレットの弾丸をひとつ増やすということだと思います。
分母がすごく大きなロシアンルーレットなので、
全部やらなくてもめったに問題にはならないんでしょうが…。
「検査はしなくて大丈夫」と言っちゃう先生はどこまでやってくれてるでしょうね?

※本当は術前検査というのはやればキリがないのです。
血液検査の項目にしてもそうだし、
本当は胸部レントゲンや心電図、エコー検査もしたほうがいいんだと思います。
病院さんによっては術前検査で別途2万円くらいかかるところもあるらしいのですが、
しっかりやればそれくらいかかって当たり前だよねと思います。

今、当院では術前検査として必須項目にしているのは血液検査のみです。
その状態で、人様の病院の方針にいちゃもんつけるのはいかがなものかなとも
思うのですが、ほとんどの飼い主さんに認知されていて、
受け入れられやすい検査さえせず、飼い主さんがわざわざ聞いてくれているのに
「やらなくても大丈夫」なんて言っちゃうのは流石にどうかなと思うのです。

実際、血液検査をしていると10頭から20頭に1頭くらいの割合で、
数値に異常が見つかり(多くは肝臓)手術が延期になることがあります。
多分そういう子達も知らずに手術してもほとんど問題なく終わるんでしょうけど、
でも、ごく一部は手術が最後のダメ押しになって命に関わることになるかもしれません。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)

 
スポンサーサイト



Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.02.25/ 00:00(Mon)
先週の水曜日、ボスのお休みの日、
はなさんと一緒に四阿屋山に行ってきました。
四阿屋山にて

ボス、またしてもカメラを忘れる(+o+)。
でも、持って行ってても写真撮れなかったと思います。

四阿屋山は低山でなだらかなで雪もさほど積もっていなかったのですが、
雪道が苦手なボスは超苦戦。
息も絶え絶えな状態。
右足と左足を交互に前に出すのが精一杯で、
とても写真なんかとってる余裕ありませんでした。

はなさんはそんなボスの前に行き、後ろに行き、
時には横に飛び跳ね雪に埋もれ、とっても楽しんでいるようでした。

で、時々いつもより異常に移動速度が遅いボスの顔を
不審げに覗き込んでいました。

はなさん誘拐される
↑で、これがなんとか撮った頂上付近の展望台での写真。
なぜかはなさん変顔。

はなさんを抱っこしているのは誘拐犯ではなく、ボスです。
はなさんみたいなただのチャシロ、誰も誘拐しません。

満足して帰ってきたはなさんはその後いつも以上に爆睡。
体力回復中
体力回復に励んでいました。

ボスを馬鹿にする
ヘタレなはなさんのボスだからね。
仕方ないね。


いつかもっと体力つけて、
はなさんが雪原を走り回る写真を撮りたいと思います。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)

 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
私は幼い頃からかなり大人になるまで、
動物に食べ物を与えることはいいことだと思っていました。

でも、その後、実は食べ物を与えるという行為は
知らないうちに動物たちに害を与えてしまっているということを知りました。

いくつか例をあげると

知床のクマ・日光のサル
観光客の残した残飯やえさやりに味をしめて
観光客を襲ったり、地域の畑を荒らしたりするようになったために
駆除(殺処分)対象になってしまいました。

北海道のキツネ
観光客に餌をもらうことに慣れ、自分で餌を捕らなくなってしまい、
観光客の減る季節(冬)に餓死してしまう個体が出ているということです。

鳩、カモ、白鳥など
太りすぎたために事故に遭う。
一箇所に密集しすぎて病気が蔓延する。
食べ残しの餌や糞で環境が汚染されるなどの影響が報告されています。

そして野良猫。
猫さんへのえさやりは一見優しい行為のように見えます。
ですが、「食べ物を与える」だけでは
結局は猫さんにとって悲惨な結末を招いてしまうのです。

食べ物を与えられる場所があれば、猫さんたちはそこに集まります。
猫さんが集まればその周辺で糞尿のトラブルが起こります。
発情期になれば「うるさい」という苦情も出てくるでしょう。
食べ残しを片付けなければにおいや衛生面での問題も出ます。

そういったトラブルが起きたとき、
一番被害に遭うのは猫さんたちなのです。
捕まえられて保健所で殺される。毒餌を撒かれるなど。

野良猫さんに食べ物を与えるときには、
最低限の責任として
1.避妊手術を行う
2.食べ残しを片付ける
3.糞尿の始末をする
これらのことにより近所の人の理解を得るということが必要です。

「そこまでできない」という人は食べ物を与えるべきではないですし、
本当に猫さんのことを思って何かをしてあげたいと思うならば
「そこまで」出来る人のお手伝いをしたり、
1円でも10円でも寄付をしたりすればいいのだと思います。

自分の行動が周りに与える影響を顧みず、
感情のままに食べ物をあげたいからあげて
後始末をしないという行為は、
優しいことでもいいことでもなく、
虐待と変わらないと私は考えています。

多くの「食べ物を与えるだけ」の餌やりさんたちは
おそらく自分たちの行為がもたらす結果を知らないだけで、
純粋に優しい心で猫さんたちにご飯を与えているのでしょう。

ですが、繰り返しますが、
その行為が猫さんにもたらす結果は悲惨なものです。
このことと、猫さんに食べ物を与える時の責任を
猫さんを愛するすべての人に知ってもらいたいと思います。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.02.18/ 00:00(Mon)
はなさんのパッド その後

ずいぶん前に、お散歩をしてなくてぷにぷにだったはなさんのパッドが、
お散歩をするようになってからカチカチがさがさになったというお話をしましたが、
その時の記事☚クリックすると開きます
ふと気がつくと、また柔らかくなっていました。

はなさんのパッド

でも、以前のようなちょっと硬いものを踏むと破れてしまいそうなぷにぷにではなく、
張りがあって頑丈そうな、それでいてなめらかで柔らかい、
触り心地のいいパッドになりました。

ボスの知らないうちに着々と進化を遂げるはなさんです。

努力の成果




ボスの心配事

はなさんの午後のお散歩は、いつも病院が終わって暗くなってからです。
街灯の薄明かりの中でふわふわと揺れるはなさんのお耳は
クリオネの羽のようで
クリオネのはね
↑夜の散歩の写真はうまく撮れませんでした(´;ω;`)

それを見ているとボスは
いつか はなさんの頭がパッカリ開いて
バッカルコーンが飛び出してくるんじゃないかと怖くなります。

呆れるはなさん



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)

追記:実は「はなさんの頭からバッカルコーン」のイメージ画を描いたのですが、
   意図したよりもずっと怖いものが出来てしまってお蔵入りにしました。 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
かなりいまさら感があるネタですし、
このブログを見てくださる方は
多分言われなくても猫さんは完全室内飼育だろうと思うのですが、
当院がある辺りでは、まだまだ中外自由の猫さんが多いので、
一応書いておくことにしました。



このブログ、半分以上犬ネタ(半分はなさんネタ)なのに、
何となく見てくださっている方は猫飼いさんが多いように思います。

だから、猫さんネタを書きたいと思っているのですが、
猫さんって、室内飼育していると病気しないんですよね~。ホントに。

でも、お外にいく子にはいろいろあります。
交通事故やケンカ傷もそうですが、感染症も多いです。

お外に行く猫さんの病気の発症には、
「ストレス」が関係していると言われるものが多いです。

例えば
「猫エイズ」
よく知られていて、心配する飼い主さんも多いのですが、
室内飼育してストレスなく暮らしていれば、
発症することなく天寿を全うできる可能性も十分あります。


「猫伝染性腹膜炎(FIP)」
最も診断したくない病気のひとつです。
コロナウイルスという普段は下痢を起こすくらい、
元気な子だと感染してもなんともなく過ごしてしまうようなウイルスが
「何らかの原因」で突然変異を起こして発症すると言われている病気。
↑正確な感染・発症メカニズムはまだわかっていません。

発症すると治療法がなく、高熱と腹水・胸水の貯留(ウェットタイプ)や
神経症状(ドライタイプ)を起こして死亡します。
発症から死亡までの期間は数週間から数ヶ月
長い子だと年単位で生き延びる子もいますがごく稀です。
これも発症にストレスが関与していると言われています。
どこにでもあるウイルスが原因ですが、
特殊な例を除いて、完全室内飼育の猫さんが発症したのを
私はまだ一度も見たことがありません。


「ヘモプラズマ感染症」
ノミやダニに刺されたり、猫さん同士のケンカで噛まれたりして感染します。
赤血球が壊されて、重度の貧血が起こることがあります。
適切な抗生剤の服用で回復しますが、治療が遅れると命を落とすこともあります。
お外に行く猫さんの約30%程が感染しているといわますが、
多くは症状を出しません。


お外に行く猫さんの感染症の中で比較的よく見られるFIPや猫白血病は
「発症したら有効な治療法はなく、対症療法をしながら死を待つのみ」
という病気です。


猫さんにとって、全くお外に行かない生活と、お外に自由に行ける生活
どちらが幸せなのか、猫ちゃん一頭一頭の性格によっても違うでしょうし、
一概には言えないと思うのですが、
ストレスが発症に影響していると言われる病気の発症率が
お外に行く猫さんで断然高いところをみると、
(感染する機会が多いということもあるでしょうが)
お外に行くことが猫さんにとってそれほどいいこととも思えないのです。

安全と健康のために猫さんは完全室内飼育していただきたいと思います。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1) 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.02.11/ 00:00(Mon)
今日は時々、ちょこっと触れているはなさんのおやつトレーニングの時間のおはなしです。

以前は、私がだいたいの時間になったらはなさんに声をかけていました。
でも、最近ははなさんが呼びに来たら始めています。
ボス、時間です

なぜなら、はなさんの“できる犬”度ははなさんの腹減り具合に依存しているから。
お腹が減っていない時にはなさんを呼ぶとこんな感じ↓になります。
トレーニングしますよ

そして、トレーニング用おやつは小さく切って準備します。
トレーニング用おやつ

こうしないと、よく噛んで食べる派のはなさんは
しっかり噛んで飲み込むまで次の号令を聞いてくれません。
まだかんでます。
はなさんは小さなボーロを一個につき6回噛んで飲み込みます。
(もしかして本当は草食獣なのか?牛の血でも入ってるのか?)

このように、タイミングを見計らい、うまく準備してトレーニングすると、
「実ははなさん、結構できる犬?」と勘違いすることができます。
はなさん、できる犬バージョン

…でも、いいんです。
はなさんはおやつがなくても、マッテとオイデができるから。
それで十分なんです。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1) 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
2013.02.07/ 00:00(Thu)
皆さん、術創(手術の傷のこと)って小さいほうがいいですか?

獣医さんの中には、
術創は小さいほうが飼い主さんが喜ぶ、
腕がいいと思ってもらえる、という認識の人が少なくないと思います。

私も、「多分小さいほうが飼い主さんは嬉しいんだろうな」と思っています。

でも、手術の傷は、必要十分なだけしっかり開く方が、
手術される側にとっても安全で、優しいのです。

お腹の中の手術は、ボックスティッシュの箱の中のものを
しばったり、切ったり、縫ったりすることに似ています。

箱の中には、切ったり縫ったりしたいもの以外にも
傷つけてはいけない大切なものが入っているので、
安全に作業を行うためには、切ったり塗ったりしたいものを
箱から取り出して来るのが一番です。

でも、お腹の中のものって、
ひも状の組織であるべき場所にとめられているので、
取り出してくるにはそれを切らなくてはいけません。
そのひもを切るには、
1.ひもが見えるところまで穴をあける
2.ぎゅうぎゅう引っ張って、小さい穴から見えるところまで持って来て切る
3.小さい穴から手探りで切る
という選択肢があります。

3.を選択する恐ろしさはわかりますよね?
まさかこれを選択する獣医はいないでほしいものです。

でも、2.はよくあります。
ぎゅうぎゅう引っ張られるものは動物の体なので、
当然痛いです。
メスで切開するときは反応しないのに、
組織を引っ張っている時には心拍数や呼吸数が多くなったり
痛みの反応が見られるので、
切られるよりも引っ張られるほうが痛いようです。

痛ければ当然麻酔の量も増えます。
ぎゅうぎゅう引っ張りながら見えづらい・やりづらい状態で
結んだり切ったりしていると、ミスも起きやすくなります。

必要最低限の解剖(体の構造)の知識を持って、
きちんと目で見て確認しながら手術をすれば起こるはずのない事故
避妊手術で言うと、尿管(腎臓から膀胱をつなぐ管)を切っただとか、
尿道(膀胱から体の外へつながる管)を子宮と一緒に結紮してしまったとかいう事故を
たまに耳にするのはこういう「傷は小さいほうがいい」
という認識があるからではないのかと
私は勝手に想像しています。

もちろん、獣医さんの腕で、多少大きさに違いはあるかもしれませんが、
「安全に確実に患者さんの負担をより少なく」手術するためには
ある程度術創を開く必要があるのです。

「小さいほうがいい」と思っていると、
あなたのワンちゃん猫ちゃんが知らないところで
思わぬ痛い目や危ない目にあっているかもしれませんよ?


でも、そもそも飼い主さん達は
本当に「傷は小さいほうがいい」と思っているんでしょうか?
と、このブログを書いていてちょっと疑問に思った私です。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)

 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.02.04/ 00:00(Mon)
突然汚いお話で申し訳ないですが、
はなさん、先週の木曜日から下痢になってしまいました。
ウンチ中
↑別の日の写真。

朝はお散歩も元気に行き、ご飯も完食したのですが、
な~んとなくいつもと違うなあと思っていたら、
夜のお散歩の時、二回ウンチをして、二回目が下痢。
夜ご飯食べず。

翌朝もウンチは少ししか出ないのですが、シブリがある様子。
※シブリ=うんちが出ないのに出す仕草をすること
朝ごはん(ドライフードは)食べず。
お散歩には元気に行くのですが、
家では微妙に元気がない気もする…。
(はなさん、普段からやる気も覇気もない犬なので、わかりにくいのです)

軟便になることも、ご飯を食べないことも時々あって、
あんまり心配しないのですが、
シブリがあって翌日まで持ち越すのは初めてなので、
念の為にお腹が良くなるおまじないをしておきました。
(※ちなみにうんち検査では異常なし)

おまじない

これで、完璧に大丈夫なはずですが、
さらに念の為にご飯はお腹に優しい缶詰ご飯(少なめ)にして、
お薬も加えました。

一服もられるはなさん
↑缶詰ご飯なら食べたいはなさん

で、様子を見ていると、金曜日の夜には元気も(多分)いつも通りになり、
土曜日の朝には普通のドライフード(一応薬入り)を食べるようになりました。
夜のお散歩時にはよい物を出して、完全復活です。

ボスのおまじないが効いたんですね。
めでたしめでたし。

元気になりました。
はなさん…いい笑顔の写真が撮れない(´;ω;`)。

ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)

 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Copyright © 2013 あづみの動物病院ブログ, all rights reserved.