FC2ブログ
スタッフ犬はな の日常と、お仕事関連のよもやま話
http://azuminoah.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

シロクロ飼い主

Author:シロクロ飼い主
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア


ジオターゲティング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2013.06.29/ 10:26(Sat)
こんにちは!看護士の三原です。

あちらこちらで、夏祭りのポスターを見かけ始め、夏が近づいているのを感じます。

今年は個人的に、「松本ぼんぼん」という大きなお祭りの踊り連に参加できることになりそうです。

何時間も踊り続けるのですが、気合を入れて頑張ろうと思います


さて今回のテーマは、看護士の丸山とかぶりますが、夏に向けての体引き締め計画です。

三週間ほど前から、「骨盤枕運動」なるものを始めてみました。

円柱型の枕を背中や骨盤にあて、ストレッチをするものです。

たまたま、雑誌の付録に枕が付いてきたのをきっかけに初めたのですが、
普段使わない背中の筋肉を伸ばしたり、骨盤を緩めて正しい位置に戻したり。

すごく気持ちがいいんです

おかげで、ウェストが2センチも細くなりました
ただの雑誌の付録と思っていましたが、あなどれないですね!

まるで、出版社の回し者の様な内容ですが(笑)

まだまだ落とす脂肪はありますので、引き続き頑張ります。

今年の夏は、スリムになった看護士2人が患者様をお迎えできたらと思います。





 
スポンサーサイト



Category: スタッフ日記
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.06.27/ 01:14(Thu)
すでにワンちゃん猫ちゃんがいるおうちで、
もう一匹…となる理由はいろいろあると思います。
保護してしまった、とか。
今いる子がとても可愛いから、もう一匹欲しくなった、とか。

でも、今いる子が新しい子を快く受け入れてくれるとは限りません。
まずは新しくお迎えする前に、
今いる子が新しい子を受け入れてくれなかったらどうするのかを
必ず考えておいて頂きたいと思います。

新しい子を飼い始めた時にトラブルが起こるのは、
やはり猫ちゃんに多いです。
新しい子が幼ければ、多くの場合受け入れてもらえますが、
中には、子猫ちゃんにも本気で攻撃してしまう子もいます。

すでに複数飼っていらっしゃるお宅で
新しく子猫ちゃんを保護したところ、
今までいた猫ちゃんの一匹がそれまで仲良く出来ていた子を攻撃し始めた
という事例もあります。
猫ちゃんは、比較的「八つ当たり」をする動物なので、
こういうこともありえるのです。
この八つ当たりは、人に向かうこともありえます。

また、もともといる猫ちゃんが病気になるということもよくあります。
多いのが、下痢や嘔吐、食欲不振などの消化器症状。
血尿などのおしっこのトラブル。
最悪なケースでは、治療法がなく命に関わる
猫伝染性腹膜炎(FIP)の発症です。

ワンちゃんでも、先住犬の性格によってはトラブルが起こります。
ストレスで病気になったり、相手に大怪我をさせる喧嘩をしたり。

ストレスの原因が、飼い主の注意が新しいことに向いたということであれば、
もともといる子を常に一番に可愛がることで、
トラブルの予防や解決を図ることができます。
でも、ストレスの原因が新しい子の存在自体であれば、
その子を隔離するなり、里子に出すなりするしかありません。
時間が解決してくれる場合も多くありますが、
元から居る子が病気になってしまったら、
そう悠長なことも言っていられません。

新しい子を飼おうという時には、
そんなリスクがあっても飼いたいのか?
もしトラブルが起こったとき対応出来るのか?
ということをしっかり考えてから決めていただきたいと思います。




ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)

 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
2013.06.24/ 00:00(Mon)
先日、ボスはまた狂犬病予防注射の集合注射に行ってきました。

今回も事前に察知して、
ひとりで出てはいけないガレージに勝手に出て待機している
チャシロがいました。↓
待機するはなさん

ふと気がつくと、
後部座席に載せる予定のなかったチャシロな荷物がのっています。
お構いなく

6月とは言え、最近当院地方は梅雨で気温が低く、
この日も天気も悪いし、
上着がないとちょっと寒いかなと思うくらいの気温だったし、
集合注射では車から離れることもないので、
まあいいかと連れて行ったところ、
集合場所につく前に、みるみる天気が回復し、晴れてきちゃった!!

日陰に駐車できないか探したのですが、
そんな場所はなく…
みるみる車中の温度は上昇。
車外に出すつもりは全くなかったので、
ハーネスもリードも持ってきておらず、
たまたま車内にあった荷造りテープをリード替わりにして、
はなさんをお外に出しました。

荷造りテープ

なんとか、事なきを得ましたが、やばかった(ーー;)。
はなさんを熱中症にするところだった(ーー;)。
気をつけてくれたまえ
…なんかムカつく

もう、はなさんを車に残さないといけないような外出は、
冬まで禁止ですね。
猛反省です。



この日、お外は日向でも暑くは感じないくらいの気温でした(最高気温20°C)。
涼しい風も吹いていました。
でも、車の窓を開けていても
車内はあっという間に外よりずっと蒸し暑くなりました。
日向の車の中が、どういうものなのかということを思い知った日でした。


ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)

 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.06.22/ 00:00(Sat)
こんにちは。永瀬です。
全国で大雨が続いていますね。
どこにも被害が出ませんように。


先日、病院のシニア用キャットフードに誤って穴を開けてしまいました。
仕方ない、富士子ももう6歳だし、シニア用でもいいか。
そう思って二階に持って上がりかけて、
ふと、違和感を感じました。

シニアって、お年寄りってこと?
飼い主だって一応まだシニアじゃないのに?
富士子はまだ赤ちゃんでしょ?
こんなに可愛いんだから↓。
寝転ぶ富士子

現実とイメージのあいだで戸惑う飼い主なのでした。
富士子はおとなにゃ。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
Category: スタッフ日記
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2013.06.20/ 00:47(Thu)
今日はかなり重たい話。

生体展示販売というのは、
ペットショップで見られるようなショーケースなどに
動物を入れて、売る販売形式のことです。

こういう売り方は、動物愛護先進国であるイギリスやドイツでは、
動物虐待と考えられていることはご存知でしょうか?

どうして虐待なのか?
そもそも、日本のペットショップで売られている犬猫は
ほとんど生後2ヶ月未満でペットショップにやってきます。
これは、ほとんど離乳直後、まだまだお母さんに甘えたいさかりの時期です。
この時期に、親兄弟からはなされ、ひとりでショーケースに入れられるのです。
人間に置き換えれば、どうして?などと考えなくてもわかるはずです。
2~3歳の子供が親からはなされて小部屋に入れられて
毎日毎日ひとりで過ごしているのを見て、
わ~、かわいい♡癒される~♡と思えるでしょうか?

また、それ以外にも、生体展示販売には多くの問題があります。
・動物が衝動買いされる
・社会化不足 
 幼い頃に親兄弟とはなされた動物は、攻撃的であったり、
 分離不安になったりと情緒的な問題を起こしやすい傾向があります。
これらの問題は、最悪保健所の持ち込みにつながります。
・親の状況がわからない
 狭いケージでろくに世話もせず、ひたすら子供を産ませる。
 病気になったり、子供を埋めなくなった動物は殺す
 という悪質なブリーダーが横行する要因となります。
 実際、ブリーダーさんの口から
 「あそこのブリーダーは子供が取れなくなったら、穴を掘って埋めている」
 という話を聞いたことがあります。
  ↓ このことから派生して
・遺伝的疾病や先天的な異常を持つ子が多くなる
 飼い主さんが問題としないような細かな異常は本当によく見ます。

ペットショップから動物を買うということは、
ブリーダーでの虐待的な飼育や保健所への持ち込みにつながる
一連のサイクルに一役買っていることになります。

例えあなたがあなたのおうちのワンちゃん猫ちゃんを大切にしていて、
保健所への持ち込みなんて絶対にありえなくても、
そういう業界へお金を落とすことによって、
業界を陰ながら支えているのです。

このお話を読んでいる方のなかには、
ペットショップからワンちゃん猫ちゃんを買った方も少なくないでしょう。
私は別にそういうかたを責めたいわけではないのです。
私も昔はペットショップの動物を見るのが好きでした。
動物はペットショップから買うものだと思っていました。
でも、知ることによって保護された子を引き取ろうと思うようになりました。

動物愛護先進国と言われるイギリスでも
十数年前には生体の展示販売が行われていたそうです。
イギリスでも、動物がひどい扱いを受けていたことはあったのです。
多くのボランティアさんが地道な努力を重ね、
人々の意識をかえ、今のイギリスを作ったのです。

犬猫を飼うとき、できれば保護されている子達に目を向けて欲しいと思います。
どうしても純血種が良ければ、せめてブリーダーから親を見て買って欲しい。

ブリーダーがいいとは言いません。
ブリーダーから買っても、先天疾患などがあったり、
感染症にかかっていたりする子はたくさんいます。
ただ、親を見て買うようにしてくれれば、
糞尿の始末さえしてもらえず、
不潔な環境でひたすら子犬子猫を産まされる動物は減ると思うのです。

少しづつでも人々の意識が変わって、
不幸な犬猫が減りますように。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)

 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(12) 
2013.06.18/ 00:00(Tue)
この話、来週投稿しようかと思ったのですが、
時間があきすぎるので、今日にしてしまいました。

ということで、はなさんを置き去りにして、
山へ行ってきたボスですが、
はなさんをおいていくと、ボスの方も大変なんです。

一緒に山に行くなら、朝の散歩もいらないし、
夜の散歩も短くできるのですが、
連れて行かないのなら、早めに起きて散歩に連れて行かないといけないし、
どんなに疲れていても夜の散歩もしないといけないし…。

この日も、ボスが山から帰ってドアを開けると、
いつもよりはなさんのお迎えテンションが高い↓おかえり

あの、ボス、今ヘトヘトで、
すぐにお風呂入って寝ないと過労死しそうなんですけど…。

なんて言っても、はなさんは犬だから分かってくれない↓
ニンゲンゴ ワカラナイ

さらに説得を試みるも…
あの、だからね、はなさん…
目つき悪いはなさん

お散歩を勝ち取ったはなさん
ええ、行きましたとも。
夕方散歩1時間コース。
いつもより早い時間のお散歩だったため、
夜にもおしっこさせるために短いお散歩に行きました(T ^ T)。

時々、何でみんな犬を飼いたがるのか
わからなくなるのはボスだけでしょうか?


ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)


ところでわんこにゃんこを飼ってるみなさん、
道の駅に犬猫用のお土産(犬猫用おやきとか)売ってるといいのにって思いませんか? 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.06.17/ 00:00(Mon)
先日の休診日、ボスは山に行ってきました。

はなさんはお留守番です。

こっそり出かけようと思っていたのですが、
服装と、ザックで山に行くことがはなさんにバレてしまいました。ぬか喜びはなさん
ボスだけね。今から行くのはただの朝散歩。

泣くはなさん

でも、今日行くところは鎖場とか、岩場とかあるから、はなさん登れないでしょ?
そこはおんぶで。

泣き崩れるはなさん

というわけで、泣き崩れるはなさんをよそに、
いそいそと出かけていったボスでした。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)

 

>>>Read more

Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.06.15/ 09:00(Sat)
こんにちは!看護士の丸山です。

梅雨に入ったというのに雨はあまり降らず毎日暑いですね…
熱中症には十分お気を付けください。特にワンちゃん達

それと今日はフィラリアのお薬を飲んでもらう日ですね
お忘れなく…

さてさて、今月に入って私はピラティスなるものを始めました。

ピラティスとは、ピラティスさんという方が考案したリハビリテーションで最近はスポーツ選手が取り入れていたり、ダイエットや肩こり腰痛改善にも効果があるようです。(ネットで調べてみました


広報まつもとを何気なく見ていたら、週1回松本市の体育館でインストラクターの先生が教えてくれるという記事が載っていたのです。
実は、何度か家でやってみたことはあるのですが、先生に教えてもらえて本格的にできるチャンス!!と思い、さっそく申し込みの電話をしました。

開催日の前日だったので、ダメ元でしたが空いていました良かったです。


次の日会場へ行ってみると、老若男女いろいろな方がいらっしゃいました。
初めての方も結構多かったみたいです。

ピラティスは胸式呼吸で行います。
なので、常にお腹はへこませていなければいけないのです。

しかも、寝ながらの動作でも胸式呼吸です。(本来、人は寝ているときは腹式呼吸なので結構ツラいのです)

1時間のレッスンが終了してみると、激しい運動をしたわけではないのに結構な汗をかいていました。
体もすっきりしたようなかんじです。

次の日は筋肉痛もありました。かなり効果ある感じです。

家でもやりつつ、インストラクターの先生のような美ボディ目指して頑張ります!



 
Category: スタッフ日記
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.06.13/ 00:00(Thu)
フィラリア予防の基礎知識 続きです。

前回のお話で、フィラリアのお薬の前になぜ検査が必要かは
わかっていただけたと思います。

で、今回は検査のおはなし。
フィラリア検査で現在よく行われているのは、
検査キットを使った抗原検査と、
顕微鏡で、直接子虫がいないかどうかを検査する方法。
本来、この二つは二つで1セットです。

抗原検査で、フィラリアの成虫(メス)が体の中にいるかどうかをチェックして、
直接検査で、子虫がどのくらいうようよしているかを確認する。

どっちか一つを取るなら、抗原検査。
なぜなら、直接法は、大量にあるワンちゃんの血液の一滴か二滴をとってきて、
顕微鏡でみて、いるかいないかっていう話。

池の水をバケツですくってみて、魚が入ってなかったから、
ここの池には魚がいないと言ってるようなもの。

それで陰性と言われて、はいそうですかと素直に信じられるかたは、
とても奇特な方だと思います。

おまけにフィラリアの子虫は、夜にならないとあまり抹消の血液の中に出て来ません。
昼間に、ほんの一滴の血液をとって、顕微鏡で見る検査になんか、
なんの信頼性もありません。

でも、感じのいい獣医師に、
「検査しました。陰性でした。大丈夫ですよ(ニコッ)」とか言われたら、
信用してしまう人の方が多いんでしょうね(^_^;)。

抗原検査は、フィラリアの成虫のメスの「抗原」の有無を検査するものです。
「抗原」を説明すると、また話が長くなりますので、
「なんかメスの成虫が出してるもの」くらいに思っていてください。
この検査も、寄生している数が少ないと陰性として出てしまうことがあるので、
100%ではありませんが、
寄生している親の数が少なければ、子虫の数も少なくなるので、
そう言う意味では、薬を使っても安全かの指標としては、
ある程度の信頼をおけます。

せっかくお金を払って検査をするのであれば、
きちんと抗原検査をしてもらいましょう。

ちなみに、フィラリア検査は、何度も言いますが、
フィラリア「成虫」を検査するものです。
フィラリアの子虫がワンちゃんの体に入ってから成虫になるまで、
約半年かかります。
なので、今年お薬を飲み忘れたとしたら、
フィラリアに感染したかどうか判断できるのは、来年になります。

このお話、書こうと思ったきっかけは、
ある犬ブログをみて、
「あれこの子、直接法の検査しかしてもらってないんじゃない?」
と思ったことです。

病気と戦う時、飼い主さんと病院の信頼関係はとても大切なので、
病院を信頼して欲しいと思うのですが、
その前に、本当にその病院が信頼に足る誠実な医療を行ってくれるのか、
簡単に信用せずに厳しい目でチェックすることも大切だなと思います。

…なんてことを言うと自分の首を絞めちゃうのかもしれませんが…(ーー;)。
ガンバッテ ベンキョウシマス…。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1) 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.06.10/ 00:00(Mon)
あまり登場しませんが、
はなさんが来て結構すぐに、ボスははなさんにおもちゃを買ってあげました。
はなさんのおもちゃ
まだ二階にも少しあります。

それが、あまり登場しない訳は、
はなさんが見向きもしないから。(´・ω・`)

写真右端のキュッキュ鳴るボールに至っては、
鳴らしてあげると↓こんなことになります。
ボールにびびるはなさん

左端の牛のヒヅメは、本当なら歯を傷めることがあるから、
あまりワンちゃんのおもちゃとしてはおすすめしたくないもの。
にもかかわらず買ったのは、はなさんが興味を示したから…。

でも、買ってきてみると見向きもせず。
どういうことやねんヽ(`Д´)ノ
と思っていると、買ってから随分経って、
今頃になって興味を示し始めました。
ひづめさんと一緒
と、言ってもくわえて持ち運ぶだけなんですが…。

でも、下ろす時も大切そうにそうっと口から放します。
かじるわけでもなく(かじって欲しくはないのですが)
単に持ち運ぶだけ…。
なんだか持ち運んでる時は楽しそうです。
何が楽しいんだか、さっぱりわかりません。
謎な犬です。はなさん。

勘違いはなさん
いや、神秘的っていうか、不思議ちゃん?



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
2013.06.08/ 09:36(Sat)
こんにちは!看護士の三原です。

近頃はだいぶ暑くなり、夏が近づいていますね

こうなると食べたくなるのが、「アイスクリーム」です
ちなみに一番好きなのは、ハーゲン〇ッツの抹茶です。ちょっと解け始めた頃に食べるのが最高なんです。

しかし私には、アイスを堪能する前に乗り越えておかなければならない試練が…

それは、「歯医者」です

子供のころから本当に苦手で、歯医者にだけはお世話にならず生きて行きたいと思うほど…
とにかくあの音と振動がとても嫌なんです。

しかし、私の気持ちなんてつゆ知らず。冷たい物や熱い物、チョコやあんこなどの甘いものを食べると、
右上の奥歯さんが悲鳴を上げます…(涙)

大好きなチョコも、最近は心から楽しめていません…

さすがにこれではダメだと思い、先日歯医者の予約を取りました(初めて行くところ)

……が!!予約をしたことを忘れ、しかも気付いたのは二日後というすごく迷惑な事をしてしまいました。

どうやら、あまりにも嫌すぎて私の記憶から抹消されたみたいです。 

結局その後も予約を取っておらず、気づけば二か月が経とうとしています。

でもこのままでは良くないので頑張って予約します。(また忘れそうで心配ですが・・)

この憂鬱な気持ちを、ハナちゃんで表すとこんな感じです↓



さてさて、同じ歯の話題ですが、最近ハナちゃんがスタッフ犬としてお仕事をいたしました。

わんちゃんネコちゃん向け「はみがきパンフレット」のモデルです。

わんちゃんやねこちゃんにも大切な歯のケアの仕方を、写真入りでご説明させていただいております。

ハナちゃんも、立派なモデルさんでしたよ!

はみがきのご相談がございましたら、お気軽にお声掛けください。 
こちらのパンフレットは、待合室に貼っておりますので、来院された際にご覧くださいね 
Category: スタッフ日記
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.06.06/ 00:00(Thu)
お仕事をしていれば、
皆さん何かしらについて専門的になるでしょうし、
専門的になって来ると、
いつの間にかその専門的なことが「常識」になってしまって、
ほかの人はそんなこと知らないよっていうことを忘れてしまう
なんてことは、きっとよくあることなんだと思います。

私にとって、フィラリア予防がそんな感じで、
犬を飼ってる方々は、毎年予防しているんだし、
ネットでも、いろんなところでフィラリアの説明はしてあるし、
基本的なことはわざわざ書かなくても知ってますよね?
と、思っていたんですが、人様の犬ブログを見ていると、
あれれ?って思うことがちらほら。

と、いうことで、フィラリア予防基礎知識第二弾。
フィラリア検査についてです。
なんだか長くなりそうな予感がしますが、
お付き合いお願いします。

フィラリア予防の前には、必ず血液検査が必要です。
これは、「法律」で決められていることです。
その理由は、フィラリア陽性のワンちゃんに
お薬を飲ませた場合、最悪死に至る副作用が出ることがあるからです。

本来、フィラリアという寄生虫は、
ワンちゃんの体からしてみると、「異物」なのですから、
体の中に入ってきた時点で、白血球に攻撃されてやっつけられるはずなのです。
しかし、ワンちゃんの体に寄生しないと生きていけないフィラリアは、
「異物じゃないですよ~」と白血球を騙す物質を出して、
まんまとワンちゃんに寄生しています。
でも、死ぬと化けの皮が剥がれて、白血球の攻撃対象になります。

フィラリア陽性というのは、フィラリアの成虫が体の中にいるということです。
フィラリアの成虫は、ワンちゃんの体の中で繁殖しますので、
フィラリア陽性のワンちゃんの血液の中には、
フィラリアの子虫がワラワラいることになります。

フィラリア予防薬では、成虫は殺せませんが、子虫は死にます。
ワラワラいる子虫がいっぺんに死ぬと、今までいなかったはずの異物が、
突然、大量にワンちゃんの体の中に発生するわけです。

前にもお話しましたが、白血球が異物を攻撃する「免疫反応」は、
自分の体にとっても、悪い影響を起こします。
お熱が出たり、反応が起こっている部分が腫れたり…。
これが、体のいたるところで、いっぺんに起こったら、
ワンちゃんはショックを起こして死んでしまうこともあります。

そこまでいかなくても、発熱、嘔吐、その他いろいろな副作用が出ることがあります。

もし、フィラリア陽性の場合は、こういうことが起こらないように、
事前にショック止めのお薬を飲んでフィラリア予防薬を飲むことになります。
そして、お薬を飲んだあとは、体調が悪化しないか、
しっかり様子を見ることが必要になります。

え~、やっぱり長くなったので、続きはまた今度です。

フィラリア陽性っていうのは、
「成虫がいる」っていうことなんだなっていうことを覚えておいてください。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.06.03/ 00:00(Mon)
話は先々週の水曜日にさかのぼります。

ボスは2~3週間に一度、
はなさんと一緒にはなさんのおやつを買い出しに行っていました。

はなさんのおやつを売っているお店の店長さんは、
ほかのお仕事も持っていらっしゃるので、
時々臨時休業もあり、買い出しに行く前にお店のブログをチェックして、
お休みではないことを確認してから行きます。

この日、はなさんのおやつが残り少なくなったので、
買い出しに行こうと、お店のブログをチェックすると、
なんと、一時閉店するとのこと!!

なんですと!?

このお店、ネットショップもあるので、急いで注文したのですが、
残されたおやつは、これだけ↓
残されたおやつ

注文して、お金振込して、発送してもらって、届くまで、
しばらくかかりますよね~(^_^;)。
ショックを受けるはな

と、思っていたら、
すぐ届きました!
おやつ補充完了

おやつはネットショップで買えばいいんですけど、
このお店、トイレなどの躾ができていれば、
ワンちゃんOKなので、いつもはなさんと一緒に行っていて、
はなさんも店長さんになでなでしてもらうのを楽しみにしていたので、
お店にいけないのはとても残念。
待ってます。

店長さん、はなもこう申しておりますので、
いろいろご事情があるかと思いますが、
お早めの再開をお願い申し上げます_(._.)_。


ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2013.06.01/ 00:00(Sat)
こんにちは。獣医師の永瀬です。

私はよくモノにぶつかります。

以前勤めていた病院は、
私を陥れるために誂えたのではないかと思うくらい
ちょうどいい高さのところにデコボコがあり、
毎日のように頭や足を出っ張りにぶつけていました。

以前、ある山に入った時には、
木の枝に頭をぶつけまくり、
見かねた同行者の一人に、
むしろ馬鹿にされているのではないかと疑いたくなるほど、
「ここ、危ないから気をつけてください」と注意されていました。

今までで一番、我ながら残念だと思ったぶつかりエピソードは、
落としたタオルを拾おうとしたら、
何故かそこにダイニングチェアの背もたれがあり、
目の上をぶつけて、ちょっと切った上に、派手な青あざを作ってしまったことです。

その時、診療させていただいた患者さんの中で、
「それ、どうしたんですか?」と聞いてくれたのは、約半分。
確かに、誰かに殴られたような怪我になっていたので、
聞きづらかったのだと思います。
私は診察しながら心の中で、
「DVではありません。不注意でぶつけただけです!」
と叫んでいました。

昨日も、狭いところに入った富士子を引っ張り出そうと腰をかがめたら、
何故かそこにあったカラーボックスの角に目の上をぶつけ、
ちょっと目の上が腫れました。
今日見たら、ほとんど目立たなくなっていたので、良かったです。

なんでこんな話をいきなり始めたかというと、
皆さんに訴えたかったのです。

私が、顔のどこかを腫らしていても、
聞かれたくない複雑な事情などはありません。
安心して、理由を聞いてください。


ちょっと恥ずかしいおバカな事情はあると思いますが…。
むしろ笑ってくれた方が、私もホッとします。


ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
Category: スタッフ日記
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2013 あづみの動物病院ブログ, all rights reserved.