FC2ブログ
スタッフ犬はな の日常と、お仕事関連のよもやま話
http://azuminoah.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

シロクロ飼い主

Author:シロクロ飼い主
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア


ジオターゲティング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2013.10.31/ 00:00(Thu)
表題、なぜいきなり4なの?と思われた方も多いかと思いますが、
実は昨年シャンプーという題で3つ話を書いておりまして、
それで今回は「4」なのです。

シャンプー、アレルギーや感染性の皮膚トラブルのわんにゃんのために
病院で処方されることも多いと思います。

ところで病院でシャンプーを出された皆さん、
「ネットで買ったほうが安いから」
と同じシャンプーを買ってませんか?

でも、皮膚トラブルがある子に使うシャンプーは
皮膚の状態を確認しながら変更する必要があります。

例えば、ベタベタ肌のわんちゃんのために出されるシャンプー。
ベタベタ肌だった子がサラサラになるので、
すごく気に入ってリピートする飼い主さんが多いらしいのですが、
これを使い続けると、逆に皮膚がカサカサになって
トラブルが多発する原因になってしまいます。

ベタベタ肌の原因も不思議なことに肌の乾燥だと言われます。
なので、ある程度ベタベタが改善したら、
今度は保湿効果の高いシャンプーに切り替えて再発を抑えることが必要です。

殺菌成分の入ったシャンプーや抗真菌シャンプーも同様で、
皮膚トラブルが解消したら低刺激シャンプーに変更して維持しなければいけません。

維持用の低刺激シャンプーなら、ネットで買うのもありかもなと思うのですが、
治療のために処方される薬用シャンプーは
病院で獣医師と相談しながら使っていただきたいなと思います。




ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
スポンサーサイト



Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.10.28/ 00:00(Mon)
数日前、はなさんはちょっと体調が本調子ではなかった様子。
朝ごはんを残してしまったし、晩御飯はちゃんと食べたものの、
ちょっといつもより目やにが多い。

お顔チェック↓
眠いんですけど

でも、元気はあるし、お薬を使うほどでもないと思い、
自力で回復しろ!と様子を見ていたら

うとうとするはなさん
Σ(゚д゚lll)おい!
そんな寝方してたらポンポン冷えちゃうでしょ!


自由を愛するはなさん
ヽ(`Д´)ノ注射するぞ!
しかも痛いの選んで!


丸くなるはなさん

はなさんは、ボスたちが結構寒いと思っていても、
平気でぽんぽんをだして寝ています。
見ているこっちがお腹が痛くなりそうです。
ポンポン出さずに寝るように躾けるのって、
どうしたらいいんでしょうね?

って言っている今もポンポン出しています(>_<)。




ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
ちなみに体調のほうはすぐに良くなりましたのでご心配なく♪ 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2013.10.26/ 00:53(Sat)
すごい雨音がしています。
どうかどこにも被害が出ませんように。


え~、私もう土曜日になるというのに、
ブログを書くのをすっかり忘れていました。

慌ててパソコンに向かっていると、
富士子がやってきて抱っこをせがみます。

富士子を左手で抱っこしながら右手だけでブログを書いていると、
ちゃんと富士子を見なさいと顔をお手手でちょいちょいされます。

だんだん、ブログを書く事が困難になってきました。

富士子様がこういうので

おっしゃる通りです、お嬢様

そんなわけで、みなさま、失礼します。

「でも富士子さま、もう寝る時間なんですけど…。」
「関係にゃいのにゃ。」



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
Category: スタッフ日記
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
先日、粘着式のネズミ捕りにかかってしまった子猫さんがやってきました。

私が獣医になってから、このような症例を見るのは3例目。
これをわざわざブログで紹介するほど需要があるのかはわかりませんが、
時々聞く話ですし、3例中、2例は去年と今年、開業してからなので、
安曇野市近辺では比較的需要が高いかもと思って
今回はこのお話にしてみました。
(決して子猫さんが可愛かったから
写真をアップしたかったとかそういう理由ではありません)

ネズミ取りの粘着剤、油で取るとか、小麦粉で取るとかいろいろ言いますが、
どちらも単体だとちょっとイマイチ。

油だけだと、どこまで粘着剤が落ちたか分からず、
シャンプーしてタオルで拭いてみて、
「あ、ここまだだった!」とやり直しを繰り返すことになります。

シャンプーで体全体を濡らしてしまうと、
体温を奪われてしまうので、
それを何度も繰り返すとなると、
子猫さんだとちょっと消耗が大きいかもしれません。

小麦粉だけだと、べったり粘着剤が付いた部分は
毛の間に小麦粉が入っていかず、なかなか落とせません。

なので、両方使うのがおすすめです。
やり方は以下のとおり。

まず、準備するものは
用意するもの
ネズミ捕りからは、食用油を使って外してください。

罠から外したばかりのペットはベタベタで手にくっつきますので、
ベタベタしない程度に全体に小麦粉をまぶします。
小麦粉をまぶします

次に、粘着剤がついている部分に油をよくなじませます。
油をなじませます

その上から小麦粉をたっぷりと刷り込みます
小麦粉を付けてマッサージします

小麦粉のダマが取れない部分は、
粘着剤が残っている部分なので、
もう一度油を付けてよくもみ、小麦粉を付けてマッサージします。
この時、油をもう一度つける前に
ダマをいったんクシなどで取り除いたほうが、後の作業が楽だと思います。
小麦粉猫1
粘着剤が残っている部分は油をつけて揉むとヌメヌメした感覚があり、
粘着剤が落ちてくるとそれがさらっとした手触りに変わります。

小麦粉のダマがなくなるまで同じ過程を繰り返したら、
シャンプーで仕上げをして出来上がりです。
(シャンプーから出来上がりまでの過程は
バタバタしていて写真が撮れませんでした(;_;))

「油を付けてよく揉んで、小麦粉を付けてマッサージ」の過程を時間をかけて丁寧に、
毛にダマがなくなるまでしっかりやっておくと、
落とし残しなく、きれいに粘着剤が取れます。
結構手間がかかりますが、頑張ってください。

もっと楽なやり方があるよ!という方、
いらっしゃいましたら ぜひ教えてください!!


ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
2013.10.21/ 00:00(Mon)
はなさん、以前は食べムラがあったのですが、
今年の春頃から、ほとんど食べムラなく、
朝晩しっかりご飯を食べるようになりました。

はなさんの心が安定してきたのかな~?
よしよし( ゚ー゚)( 。_。)。などと思っていたら、
最近はなさんが飢えている?感じになってきています。

いつもの無言のおやつアピールがなんだか怖い↓おやつをください
おやつの時間にはまだ早くて、はなさんの方を見ないようにしても、
念じている気配を感じます(^_^;)。

食べ物の気配に敏感↓
食べ物に敏感
秋だからですかね~?

ご飯が足りない
人聞きの悪いことを言うな!ヽ(`Д´)ノ
体重を12kg以下くらいで維持するために、
若干ご飯をセーブしていますが、飢えるほど減らしてはいません!!

備え
飢饉の時のことはボスが考えるから、
はなさんは勝手にお肉を蓄えないように!




ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)


 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2013.10.19/ 09:00(Sat)
こんにちは!看護士の丸山です

以前ブログに書いたのですが、週に1回ピラティスに通っております。
通い始めて4か月程経ちます。

今日はその後について書きたいと思います。

まず、痩せたみたいです!
週に1回しか通ってないのに始めて2~3か月くらいで痩せてきました。

インストラクターの先生にも「痩せましたね!」と言われ、周りの何人かにも言われましたので痩せたのでしょう
これは嬉しいですよね


次に、疲れにくくなった気がします!
以前は「だるいー」とか「疲れたー」とよく言ってたのですが、ここ最近はほとんど言ってないし、疲れにくい感じがします


そして、食べ過ぎが減りました!
歳のせいかもしれませんが(笑)
かなり食べる方でしたが、最近は腹八分目がちょうど良くなりました


嬉しい変化ばかりです

というか、どれだけ体動かしてなかったんだ!って感じもしますが
そこは置いといて(笑)

私には週1回がちょうど良さそうなので、目指せ!ナイスバディ!!でもう少し続けてみたいと思います


 
Category: スタッフ日記
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.10.17/ 00:00(Thu)
去勢・避妊手術はいつしたらいいんですか?
多分、今の日本の動物病院で一番多い答えは、
「生後6ヶ月頃。女の子は最初の発情が来る前に済ませましょう。」
だと思いますし、当院でもそうおすすめしています。

ですが、実は獣医学的に避妊・去勢の時期はいつが最も適当なのか?
という問題の答えは出ていないのです。

一部の動物病院では、
2~4ヶ月頃の早期避妊・去勢手術を勧めているところもあるようです。

また、一部の動物病院では、
初回発情が来てからとしているところもあるようです。

当院で「生後6ヶ月頃」としているのは、
大型犬を除いて、だいたいこのくらい経てばある程度体が成熟していること。
これ以上遅くなると、
女の子では、発情が来て乳腺腫瘍の発生率を抑える効果が低くなること、
男の子では、足を上げておしっこをし始めるたり、
その他性成熟に伴う問題行動が見られ始めることなどがその理由です。

欧米では、シェルターやブリーダーのところにいるうちに手術をして、
犬猫を家庭に送り出すことで、
過剰な繁殖を防ぎ、捨てられる犬猫を減らすという目的で、
早期避妊・去勢が推奨されていて、
それによる健康への影響もなかったという研究結果も出ています。

このことから、日本でも早期避妊去勢を勧めている病院もあるようですが、
当院としては、すでに飼い主さんの手元に来ている犬猫に対して
早期避妊去勢をするメリットは少ないと考えています。

このことに関しては、それぞれの病院で、
いろいろなメリット・デメリットを考慮した上で、
おすすめの時期というものを設定していると思いますので、
しっかり説明を聞いた上で、一番飼い主さんが納得できる時期に
手術をして頂ければいいなと思います。




ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.10.14/ 19:53(Mon)
このブログを前から読んでくださっている方は
薄々気付いていらっしゃるかもしれませんが、
はなさんは室内犬にもかかわらず、
当犬の強い希望で↓、
シャンプー反対
シャンプーは年に一回です。

その割に、はなさんはほとんど無臭なのですが、
何故か頭頂部だけ、鼻をつけて嗅いでみると、
海藻というか、ヘドロというか、なんだか生臭い匂いがします。
ここ臭い
はなさん、あなた頭頂部から なに分泌してるんだい?

身だしなみ…らしい
はなさんや、頭頂部からヘドロ臭を漂わせている乙女が
世間から尊ばれることは未来永劫ないと思うよ。




ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
体は無臭なのにハーネスは洗わないと臭いんですよね~。
なぜだろう?
 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.10.14/ 17:35(Mon)
昨日の日曜日、
千葉の実家ではなさんをかわいがってくれていた方が、
はなさんに会いに来てくれました。
(写真一枚も撮ってないですが…)

土曜日の夜に電話がかかってきて、
ブログでいつも「はなさんかわいくない」発言をしているボスは
ちょっとドキドキしましたが、
「甲府まで来ているので、ちょっと はなちゃんの顔を見に行っていいですか?」
「もちろんです!」
って、確かに千葉から比べれば、かなり近づいてますけど、
甲府からでも安曇野までめちゃくちゃ遠いんですけど!!

はなさん、チャシロのくせに愛されてるね~。
(それか、ボスがいつも可愛くないって言ってるから、
心配されてしまいましたか?)

Yさんご夫妻にお会いして、はなさん嬉ションしてました。
はなさんが我が家に来て、初嬉ションです!
よっぽど嬉しかったんでしょうね。

美味しいおせんべいと、可愛いカレンダーのお土産もいただきました。
Yご夫妻、ありがとうございました。

黄昏るはなさん

はなさん、残念だけど、
はなさんはご臨終までここで働かせていいってことになってるから。





ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
この話、今日の本題と一緒にと思ったら、長くなりました。
あとでもう一本アップします
 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(1) 
2013.10.13/ 23:57(Sun)
ブログ用の写真、撮ってませんでした(>_<)。
更新遅くなります。
ボスに代わってお詫び
きょ、今日中にはなんとか更新しますm( _ _ )m
 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.10.12/ 10:42(Sat)
こんにちは!看護士の三原です

今日は、我が家のカブトムシの事を書こうと思います。


うちにはオスとメスのカブトムシが、一匹ずついます。
オスは「お兄さん」メスは「お姉さん」という名前です。(娘が命名しました…)

お兄さんとお姉さんは、友人に譲ってもらい八月にやってきました。

毎日の霧吹きなど、世話をしていましたが「たぶん、そう簡単に卵は産まないだろう」と思っていました。

しかし、9月に入り昆虫マットを変えるため、飼育ケースをひっくり返すと…

「コロコロ」とした白い丸いものが出てきました!
P9151091.jpg
(縦に四つ並んでいる、白い物です。)

これにはビックリ!最初はビービー弾??と思いました…笑

すぐに卵だと気づき、急いで図書館でカブトムシについて調べました。

カブトムシは卵を産むと一つずつ、土団子でくるむそうです!ビックリですよね!
確かに、土の塊を崩したら卵が出てきました!
また、幼虫は昆虫マットを食べて成長するのでマットがたくさん必要と知り、
急いでホームセンターへ買いに走りました。

残念ながら、お姉さんは二週間ほど前にお空に行ってしまいましたが、お兄さんはまだ生きています
もう10月なのでほとんど動きませんが、時々ご飯を食べている様子が見られます。


卵ちゃんの方は、4~5匹ほど孵化しました
飼育ケースが足りないため、バケツで飼っています。
おかげで我が家の玄関は、飼育ケースとバケツですごい圧迫感です…(>△<)
これから、寒さ対策も考えないとと思っているところです。

もう少し大きくなったら、こちらのブログで写真を載せたいと思います。 
Category: スタッフ日記
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.10.10/ 00:25(Thu)
なんだかこのところ、夏が戻ってきたような暑さですが、
もうすぐ寒い季節がやってきます。

寒い季節といえば尿閉塞。去年もこれくらいの時期に書いていると思います。
で、特に猫さんの飼い主さんには
「寒くなると水分摂取量が減りますから、
お水をちゃんと飲んでもらうように工夫してくださいね。」
と呼びかけるようにしています。

猫さんだけではなく、ワンちゃんでもお年をとったら
水分摂取量は気にかけていただきたいと思います。

ワンちゃんにも猫さんにも多い腎不全、糖尿病、
ワンちゃんに多い副腎皮質機能亢進症、その他もろもろ、
お水をたくさん飲んでおしっこの量が増えるという症状の病気はたくさんあります。

真面目な飼い主さんで、
「お年をとったら、お水を飲む量が増えてないか気をつけてあげてくださいね。」
と言ったら、その日から飲水量を毎日計ってくださって、
そのおかげで糖尿病が早期発見できた方がいました。

では、お水をたくさん飲むのはいけないことなのか、というとそうではありません。
体に水分が必要になっているから飲むのであって、
飲みたがるのであれば、(がぶ飲みして吐くほどでなければ)
自由に飲ませてあげてください。

特に慢性腎不全や糖尿病は常に体が脱水状態に傾くので、
お水をたくさん飲むように積極的に工夫して欲しいと思います。

腎不全のワンちゃんネコさんの飼い主さんに、
「水分をたくさん取れるように工夫してください」
というと、必ず言われるのが、
「お水はいつもたくさん飲んでるから大丈夫」という言葉です。
でも、腎不全の患者さんはおしっこがたくさん出てしまって
脱水するからお水をたくさん飲むのですが、
大抵それでは足りずに脱水が徐々に悪化してしまいます。

「自分でたくさんお水を飲んでいるから、足りているだろう」
というのは間違いなのです。

水分をたくさんとってもらうためには、
・食べ物と一緒に水分をとってもらう
 ご飯をウェットフードにする、ドライフードをふやかしてあげる。

・冬はこまめにぬるま湯を出す

・おいしい味を付ける 犬猫用ミルクをお水で薄めてあげる
 お肉やお魚の煮汁をあげる(塩気なしで) 

・通販サイトなどで売っている、
 猫がお水を飲むようになる器というのも案外効果的らしい

などなど色々工夫できます。

お水を多く飲みすぎてトラブルを起こすことはほとんどありません。
今、若くて健康な子でも、水分を多めにとってもらうように工夫しておくことは、
健康維持のためにもいいことだと思います。
※「おいしい味を付ける」に関しては(特にミルク)、
太る原因になりかねないので、健康な子の場合はほどほどに。


ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1) 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2013.10.07/ 00:00(Mon)
以前、某テレビ番組で、雑種犬100頭を集めて
「泥棒を撃退するか」とか
「飼い主がクマに襲われたら守ってくれるか」とか
「飼い主が穴に落ちたら助けてくれるか」とか
の検証をしていましたよね。

その時、ボスはまだワンコと暮らしたことがなかったので、
飼い主さんたちが自信満々に「きっと助けてくれると思います」
と言っているのを、何の疑問も感じず見ていたのですが…。

現在はなさんと暮らすようになって、
あの番組を振り返ると、
「なんで皆さんは、そんなに犬が助けてくれると思えるんだろう?」
という疑問が湧いてきます。

はなさんだったら、自信を持って
「絶対助けてくれない」と言い切れます。

だってこんなですもの↓。
重たいものは持てません


はなを守って

はなさんがビビリでヘタレでちょっとおバカなのは分かっていましたが、
ボスはワンコは程度の差こそあれ皆こんなものだと思っていました。
(ワンコの飼い主さんごめんなさいm(_ _)m。)

テレビ番組的には、
飼い主さんが「いやあ、ウチの子には無理ですよ」って言っちゃうと面白くないでしょうから、
もしかしたら「きっとできると言ってください」というような指導があったのかもしれませんが、
そうでなかったら…

はなさん、もしかしてボスが思っていたより
残念なワンコだったの?

残念なのは分かっていたけど、思った以上の残念さだったの?

キメ顔はなさん
いや、はなさんは愛玩犬ではなくてスタッフ犬だし。
大して可愛くもないし。
チャシロだし。


悲しむはなさん

ボスの疑念は深まるばかりなのでした。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1) 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.10.05/ 00:00(Sat)
こんにちは。永瀬です。

今日は、当院で代理販売させていただいている、
ネコさんのチャリティーカレンダーのご紹介です。

カレンダー

このカレンダーは、松本・安曇野を中心として猫のボランティアをしている、
猫の会さんが毎年出しているもので、
利益は全て地域猫さんの避妊去勢や、
保健所に入れられた猫さんの保護のために使われます。

猫堂さんのHP(←クリックすると開きます)でネット販売も行われているので、
たくさんの方に買っていただけると嬉しいです。

中身は、保健所から保護されて里親さんの元に旅立っていった子猫さんたちや、
地域猫としてお世話をされている野良猫さんたちの写真です。

個人的には、地域猫さんたちのお写真が、いい味出していて大好きです。
子猫さんは可愛いけど、可愛いだけですからね。
大人の猫さんたちは、何年か熟成された味が、
お写真を通すとよく出ていてなんとも言えず可愛いです(´∀`*)。

院内には、見本のカレンダーもありますので、
お手にとってみていただければと思います。
よろしくお願いいたしますm( _ _ )m



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1) 
Category: スタッフ日記
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.10.03/ 00:00(Thu)
私は、開業するまで、
犬猫で一番多い皮膚疾患は、犬の細菌性皮膚炎だと思っていたのですが…、
実際そうだと思うのですが、
なぜか当院で一番多い皮膚疾患は、皮膚糸状菌症(真菌症)なのです。
(その次がマラセチア性皮膚炎(真菌症)。)

開業して約一年半、細菌性皮膚炎と診断して治療したのは
多分まだ10頭に満たないと思うのですが、
皮膚糸状菌症を診断したのは数知れず…。
完全に細菌性皮膚炎と糸状菌症が逆転しています(>_<)。

で、今回こんな、わたし的には不思議だけど、
みなさんにはどうでもいい話を持ち出したのは、
診察する症例数が多くなって、気づいたことがあったからです。

糸状菌症、案外人から伝染ってます。

一番多いのは、新しくお迎えした子犬子猫ちゃんが
ブリーダーさんやペットショップからもってきたり、
お外に行く猫さんがどっかから拾ってきたりという症例なんですが、
完全室内飼いの大人の猫さんが何故か発症している場合、
よくお話を聞くと、どうやら人から伝染ったようだという場合がちらほらあります。

皮膚糸状菌症=人でよく知られているものとしては「水虫」です。
結構よくある病気で、しかもしぶとい病原体なので、治療するのが大変です。
犬猫から人へも、人から犬猫へも伝染ります。
比較的感染力が強いので、感染した人や動物が使ったものは、
できるだけ塩素で消毒するようにしてください。

感染した人が使ったお布団やクッション(未消毒)に
ワンちゃんネコちゃんが寝たりしないようにしてください。

症状は様々で、
 かさぶたができる(できない場合もあります)
 痒がる(痒みがない場合もあります)
 脱毛する(脱毛しない場合もあります)などです。

完全室内飼いのねこさんで、
一切外の猫と接触がない(庭に野良さんが来るとかいう場合を除く)場合、
しかも皮膚に異常がなく、
異常に舐めて毛が薄くなってる(舐められて切れている)というだけの場合、
感染症は疑われにくく、ストレスやアレルギーなどの診断を受ける場合もあります。

よくわからないけど、妙に体を舐めて毛が薄くなったなどの症状があるときには、
念の為に真菌培養もしてもらったほうがいいかもしれません。

因みに、皮膚に異常があって病院に行ったとき、
何も検査せずに抗生剤とかゆみ止めを出されたら、
病院を変えたほうがいいかもしれません。

少なくとも、薬を飲んでも良くならないのに、
それでも検査してくれないなら迷わず病院を変えましょう。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2013 あづみの動物病院ブログ, all rights reserved.