FC2ブログ
スタッフ犬はな の日常と、お仕事関連のよもやま話
http://azuminoah.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

シロクロ飼い主

Author:シロクロ飼い主
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア


ジオターゲティング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.03.31/ 09:42(Mon)
はなさんや

なんですか

ボスはいつも、はなさんのこと
大して可愛くないチャシロイヌとか言っているけど、
ほんとはね、そんなことどうでもいいんだよ。

ボスはそんなことのためにはなさんを安曇野に連れてきたわけじゃないから。

ボスははなさんをスタッフとして連れてきたんだから。


在宅勤務希望

だからね、ボスははなさんがチャシロでも
大して可愛くなくても全然いいの。

仕事さえしてくれれば。
仕事しろ


今のとこ、大事なポイントだからもう一回言うよ。
仕事さえしてくれれば


仕事しろ2
聴いてるか?はなさん




ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
スポンサーサイト



Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2014.03.27/ 10:40(Thu)
さて、前回の続きです。
環境省のパンフレットによると、災害時に持ち出すもので、最優先のものは、

食餌・水
食器

予備の首輪、リード(伸びないもの)
ガムテープ

となっています。

同行避難とは言っても、避難所で飼い主と動物が一緒にいられるわけではなく、
ワンちゃんネコちゃんは避難所の決められた場所にいてもらうことになります。

ペットたちの扱いがどうなるかは、それぞれの自治体で違います。
まずは、同行避難の際、自分たちの自治体で
動物たちがどう扱われることになっているのか、予め調べておきましょう。

ワンちゃんなどは、決められた場所に係留しておくことになるかもしれません。
この場合、普段はちゃんと繋がれているワンちゃんでも、
様々な意味でストレスがかかる避難所という環境では、
リードを噛みちぎって逃走するかもしれません。
リードは噛み切れないようワイヤー製のものがいいかもしれません。

また、自分のワンちゃんネコちゃんの性格などによって、
避難先の環境に置いておくことが難しい場合もあると思います。
その場合の対策も考えおきましょう。
テントを用意しておいて、テントで避難生活をするとか、
車で避難生活をするとか…。

最後に、これは当たり前のことですが、
たくさんの動物が近くにいる環境になったとき、
自分の子を守れるように、周りの子に迷惑をかけないように、
ワクチンや避妊・去勢などの予防はきちんと行っておきましょう。

パンフレットには、もっといろいろなことが書いてありましたが、
最小限のことだけ取り上げてみました。

災害対策が、役に立つ日が来ないことを祈りつつ、
しっかり備えておきましょう。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)


 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2014.03.24/ 10:25(Mon)
最近はなさんは、ご飯が貰えない時に上手に催促できるようになりました。
その方法は、うろちょろすること。
特に声も出さずうろちょろするだけなのですが、
普段動かないはなさんがうろちょろすると、
どうしたの?と気になるので、
以前のじっとおすわり作戦より、格段にわかりやすいです。
ボス

はなはまだ

ご飯をもらっていません

はなさんはこの一年で自己主張ができるようになってきたようです。

最初の一年で、ご飯のムラ食いがなくなり、お腹のトラブルが減りました。
ボス家がはなさんの居場所ということに納得してくれたのかなと思います。

次の一年で、自己主張が上手になってきました。
ボス家でのはなさんの立場
(大して可愛くない上にめんどくさいチャシロイヌという立場( ´艸`))
に自信を持ってくれたのかなと思います。

もうすぐ、はなさんが当院へやってきて2年が経ちます。
次の1年では、どんな変化を見せてくれるのでしょうか?
楽しみですね。

はなさんの野望




ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1) 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2014.03.22/ 00:00(Sat)
こんにちは。永瀬です。

私、先日、中指を負傷しました。

先日って言ってもずいぶん前で、2月の大雪の後、
少し暖かくなった日の翌日の朝、はなさんと散歩している時に、
雪解け水が凍りついたところを踏んでツルッと派手に転んでしまい、
その時に中指を打って怪我をしたのですが、
怪我した時には全然たいしたことないと思っていたのに、
手の怪我って、いつまでたっても治らないんですね。

いつも朝には少し良くなっているのですが、
昼間悪化させてしまうというのを繰り返している感じです。

親指と人差し指は負傷すると大変なのは想像できるのですが、
それ以外の指って今まであまり意識していませんでしたが、
怪我をしてみて、中指って案外働いているということがわかりました。

普段はほとんど痛みはないのに、
台の上を拭いている時とか、車のトランクを閉める時とか、
え~?今ですか?っていうようなときに中指に激痛が走ります。
どうやらそういう時に中指に力がかかっているようです。

負傷してみて初めてわかる中指のありがたみですね。
早く治って欲しいものです。




 
Category: スタッフ日記
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2014.03.20/ 15:41(Thu)
先週、防災対策のお話を書きましたが、
ほとんど環境省のパンフレットのリンクを貼って丸投げしていたら、
リンクを開いてくれる方って、案外少ないんですね(´;ω;`)。半分以下?
よそのサイトに丸投げしてはいけませんね。

と、いうわけで環境省のパンフのまとめをすることにしました。
とは言っても、全部まとめていると、この先数週間この記事になってしまいそうなので、
ほんのちょっとだけ。

まず、防災対策第一歩としては、避難所の場所を知っておくことです。
どこにあって、どうやっていくか?
避難所の場所も、そこへ至るルートも複数確認していないと、
いざという時、予定していた道が使えないということがあるかもしれません。

第二に、迷子札の装着。
災害時の混乱の中で、ペットとはぐれてしまうかもしれません。
迷子札と、マイクロチップ両方をつけていると、より安全です。
また、携帯電話にペットの写真を保存しておけば、
万一迷子になったとき、捜索に役に立ちます。

そして、避難時の持ち物の用意。
食料や水は最低5日分、できれば1週間分以上が推奨されています。

一日の平均飲水量は、猫ちゃんで体重1キロ当たり20~45ml、
ワンちゃんで体重1キロ当たり40~60mlと言われています。
余裕をもって用意しておいたほうがいいと思いますので、
例えば、体重約3.5kgの富士子(猫)と、体重約12kgのはな(犬)がいる
我が家の場合、一週間分の飲み水を準備するとすると、
猫:45ml×3.5kg×7=1102ml
犬:60ml×12kg×7=5040ml
あわせて2Lペットボトル約3本分を準備する必要があるということです。

私、これ計算してみて、「えっ、そんなにたくさん?」ってちょっとびっくりしたのですが、
みなさんはいかがですか?

災害が起こって避難しているような場合、
みなさん神経がピリピリしているので、
配給されたものをペットに与えたりしていると、
白い目で見られるようなことが実際にあったようです。

震災直後に見た防災グッズの解説では、
ペットに水をあげていて「人も水が足りない時に」と非難されたという事例を上げて、
食事から水分を取れるように、
非常食はウェットフードを用意するように勧めていたものもありました。

あ〜、やっぱり長くなりましたね。
続きます。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2014.03.17/ 00:00(Mon)
最近はなさんは、夜ボスが2階に行くときには、
「はなさん、おいで~」と呼ばれるまで来ません。
「はなさん、ボス、2階に行くよ~」とか、
「はなさんはどうするの~?」とか声をかけても動かないのです。

お昼は、ボスが2階に行く素振りを見せると、
何も言わなくてもやってきて、
「はなも2階に行きます」アピールをするのですが…。お昼の場合

夜は「おいで」と言われるまで来ません。
「おいで」と言われると「待ってました」とばかりにいそいそとやって来ます。
夜の場合
なんででしょう?
もしやはなさん、「おいで」って言って欲しいのか?
かまってちゃんなのか?

そして、2階に行ってからも、最近は甘えん坊度が増しています。
以前はボスが富士子を抱っこしていたら、
はなさんは自分の場所で寝ていたのですが、
最近はボスが富士子を抱っこしていても、ボスにくっついています。いつもの配置

あわよくば、富士子の定位置であるボスのお膝を狙ってきます。
お膝勝ち取りました
一旦お膝をゲットすると、しがみついてなかなか離れません。

最近はなさんは、「大して可愛くないチャシロイヌ」から、
「大して可愛くない上にめんどくさいチャシロイヌ」にグレードアップしつつあります。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
こんにちは!看護師丸山です。


先日、初めて宝塚観てきました(^^♪
雪組の全国ツアーが始まっているそうで、松本市民芸術館のチケットを貰ったので行ってきました。


演目は「ベルサイユのばら」でした。
開始早々キラキラの衣装と踊りと歌で一気に宝塚の世界へ入ってしまいました(^・^)
最初はオスカルとアンドレっていう名前しか知らないし、話も全然分からない状態だったので楽しめるか心配だったんですが、初めての人でも分かりやすいようにできていました。


男役の方たちは、みんな背が高いし、スタイルもいいし、声も低いんですよ(>_<)
途中から本物の男の人にしか見えなかったです!笑


後半にはまた素敵な歌と踊りがはじまって、その中でもラインダンスは一糸乱れぬ踊りで感激でした。


家に帰ってもしばらくは宝塚気分が抜けなかったです(^^)/


しかし、あんなに踊って歌ってセリフまでしゃべって息切れしないってすごいですよね…
さすがプロです。
よく宝塚ファンの方っていらっしゃいますが、ファンになる気持ちもわかります。
男役の方々カッコ良過ぎですから!(゜゜)

また機会があったら行きたいですねー♪



もう一つご報告があります。
突然ですが、3月いっぱいで退職することになりましたのでブログ更新は今回で最後です。
短い間でしたが、こんな拙いブログを見てくださった皆様ありがとうございました。
文章力が何一つ成長せず、最後を迎えてしまいスミマセン…(*_*)笑

これからもあづみの動物病院をよろしくお願いします。
ありがとうございました(^_^)v
 
Category: スタッフ日記
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2014.03.13/ 11:56(Thu)
今月11日で、あの東日本大震災から3年目。
ということで、今回はペットの防災のおはなし。

みなさん、ペットの防災対策、なさっていますか?
まず、災害にあったとき、
ペットも一緒に避難する「同行避難」が原則になっています。
これは、東日本大震災以前から決まっていたことなのですが、
周知が不十分で、飼い主どころか市町村の災害担当部署の方にすら浸透しておらず、
多くのペットが取り残され、大きな悲劇をうみました。
皆さんは、間違っても「ほかの避難者の方々に悪いから、ペットは置いていかなくては」
なんて思わないでくださいね。

このことを教訓に、環境省では、ガイドラインを作成し、周知、啓蒙に勤めています。
災害時におけるペットの救護対策ガイドライン
ガイドラインでは、写真や具体的な事例などを盛り込み、
平常時からの備えは何が必要か、災害時には同行動したらいいかなど、
優先順位も明確にしてわかりやすく示してあります。

忙しくて、ガイドラインを読む時間がないという方には、
8ページほどのパンフレットもあります。
環境省のパンフレット
是非 一度目を通していただければと思います。

また、自治体によっては、防災訓練の時に、
ペット同行避難の訓練も実施しているところもありますので、
ご都合が合えば、是非参加されることをおすすめします。


今回は、同行避難の備えを書こうと思っていたのに、
しっかり立派なパンフレットがあって、書くことなくなっちゃいました(>_<)。


ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
自分のためだけの避難訓練なら参加する気がしないのに、
ペットが絡んだとたん、参加しておかなくては!と思うのは私だけでしょうか?
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2014.03.10/ 00:00(Mon)
※本日のブログ写真は記事と関連がありません。

最近、はなさんは、午前の診療時間が終わるとボスと一緒に2階へ上がり、
午後はそのまま2階で過ごし、
おやつの時間になったら降りてくるというのが一日のパターンになりつつあります。
(今までは昼間はずっと1階でした。)
在宅勤務中のはなさん
寝てるようにしか見えませんが?

おやつの時間になったらボスが迎えに行くのですが、
ときどき待ちきれずに自分で降りてくるようになってしまいました(>_<)。

↓ストレッチしながらカメラから逃げて行くはなさん
逃げて行くはなさん

2階からの階段は急なので、はなさんには自分で降りてきて欲しくないのですが、
怒ろうにも気がつくと降りてしまっているし、
降りているところを見つけても、
降りている途中で怒ると、
鈍臭いはなさんがびっくりして階段から転げ落ちそうで怖いし、困ってしまいます。

↓看護師さんが人間用のお菓子の袋を開けた瞬間のはなさん
お菓子の袋を開けた瞬間

はなさんは今までは2階からは自分では降りてはいけないと思っていたようで、
ちゃんとボスが降ろしてくれるまで待っていたのですが(>_<)
そういえば、この間は入ってはいけない寝室へひょろりと入ってきていました。
叱ったらその後は入ろうとしませんが…。
もしかしたら、最近はなさんは
「今までダメだと思っていたものも、もしかしたらダメじゃないかもしれない」と、
再チャレンジしているのかもしれません。

はなさん、チャレンジ精神は別のところで発揮しておくれ

はなさんの窮地脱出法




ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1) 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2014.03.06/ 10:37(Thu)
手術のあとや、怪我の治療に来られた方に、
結構よく聞かれるのが、
「消毒はしなくていいんですか?」と、「塗り薬は出ないんですか?」
はい、どちらも必要ありません。

昔と今と、傷の治療の常識は大きく変わりました。
昔は、傷は乾かせと言われていたと思うのですが、
今は傷で出てくるジュクジュクした液(浸出液)の中に、
傷を直すための細胞や成分がたっぷり入っていることが分かって、
湿った環境を維持する方がいいと言われるようになりました。

また、消毒剤や塗り薬は、傷を修復しようとしている細胞を邪魔してしまうので、
使わないほうがいいと言われています。

なので、傷の治療の基本は、
感染の原因になるものを取り除いて洗い流すこと(滅菌生食や場合によっては水道水でも)
感染が起こってしまっているのであれば抗生剤の注射や飲み薬を使う
傷にくっつかず、余分な水分は吸い取るけど、
適度な湿り気は残してくれるもの(ドレッシング材)で覆う
ということになります。

当院では、傷の程度と場所によっては、
「ドレッシング材で覆う」をしないことも多々あります。

また、傷の状態などによっては、獣医の判断で
壊死した組織を取り除くための塗り薬や、
組織の修復を促すための塗り薬を使うかもしれません。


と、いうわけで、もし動物病院がお休みしている時に
おうちのワンちゃんネコちゃんが怪我をしてしまったら、
1.血が出ているのであれば、血が出ている箇所を押さえて血を止める
 血が止まるまでの時間は様々ですが、頑張って押さえていればそのうち止まります。
2. よく洗う。あれば滅菌蒸留水や滅菌生食がいいですが、
 普通はないと思いますので、水道水で大丈夫です。
(嫌がったワンちゃんネコちゃんに反撃されないよう気をつけてください)
3. できるだけ早く病院にかかって、抗生剤をもらう。
 おうちにある薬を“とりあえず”飲ませたりしてはいけません。


2.まで出来ていれば、その後の展開が大分違ってくると思います。

消毒剤を使ってしまっても、すごく悪いことは起きませんが、
あまりいいことも起こりませし、傷に染みて痛いので、使わないほうがいいかなと思います。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1) 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2014.03.03/ 00:00(Mon)
今日はひな祭りですね。
そろそろ春ってことですね(*´∀`*)。

さて、今日ははなさんの名前の話。
ボスははなさんの名前は、千葉の実家から引き継いだと思っていたのですが、
実ははなさんの本当の名前は、「はなはな」さんだったのです。

このことが発覚したのは、
はなさんのマイクロチップの諸々の変更が完了しましたというはがきが届いたとき。

犬の名前のところに「はなはな」と書いてありました(°д°)。
そういえば、千葉の実家のお母さんたちも「はなはな」と呼んでいたような…。

でも、気づいたときには既に狂犬病の登録も、
「はな」の名前ですましてしまっていたので、そのまま「はな」になりました。

まあ、名前が半分になってもはなさんはそんなに気にせず馴染んだようですが…。
はっΣ(°д°)、もしやうちに来たばかりの頃、
ずっと困った顔をしていたのは、名前が違ったから?
当時のはなさん↓
はなさんの苦悩

そして月日は流れ、はなさんが半分になった自分の名前に慣れてきた今日この頃、
再び改名の危機が訪れようとしています。

実は、最近ボスがはなさんを呼ぶとき、
「チャシロ」と呼ぶ率が高くなってきています。

このままでは、「はな」は廃れてしまって、
「チャシロ」と改名される日も近いかもしれません。

はなさん 改名?

嫌がるはなさん
ふふ、はなさん、ままならないのが犬生というものなのだよ( ̄ー ̄)ニヤリ

はなさん心の叫び




ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1) 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2014.03.01/ 09:43(Sat)
こんにちは。永瀬です。

猫飼いのみなさん、ねこさんを飼って、
自分がどんどん堕落していくように思うことはありませんか?
私はあります。

朝は起きられなくなったし、
戸は締めなくなったし(富士子が自由にではいりできるように)、
掃除機をかける頻度も減りました(富士子が嫌がるから)。

掃除機は富士子がいない部屋だけをかけて、
富士子がいる部屋は、富士子が移動した隙を見てかけています。
そうするといつまでもかけられない場所もあるので、
どうしても仕方ない時には、富士子を強制避難させます。

冬には上着を掛け布団としてご所望されることがあるので、
ホットカーペットの上に脱ぎ捨てた状態で放置です。
(富士子が移動した隙に片付けて、温めておいた毛布とすり替えます。)

富士子がおふとんから出てこない時には、
おふとんも敷きっぱなしです。

世界には、猫を悪魔の使いとする文化があるようですが、
時々、なるほどこういうことかと思います。

可愛いって、罪なんですね。


クッション枕



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
Category: スタッフ日記
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2014 あづみの動物病院ブログ, all rights reserved.