FC2ブログ
スタッフ犬はな の日常と、お仕事関連のよもやま話
http://azuminoah.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

シロクロ飼い主

Author:シロクロ飼い主
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア


ジオターゲティング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2014.10.30/ 11:12(Thu)
昨日は、水曜日。
恒例のあづみの公園散歩の日だったのですが、
何だかはなさんの様子がいつもと違います。
あっちが気になる

リードをぐんぐん引っ張って、落ち着きなく走り回ります。
ボスがリードを離してしまいそうになるほど!
なんでだろうと思ったら、お猿の群れと遭遇しました。
どうやらお猿さんが気になっていた模様。
その時のはなさんの様子は、リードをしっかり持っておくのが精いっぱいで、
とても写真なんてとる余裕はありませんでした。

はなさんがコントロール不能になるほど興奮してしまったので、
そこでお散歩を切り上げて駐車場に戻ったのですが、
まさかの乗車拒否!
乗車拒否
普段はドアを開けると、すぐに入ってくれるのですが、興奮しちゃって聞き分けがなくなっているようです。

帰宅拒否
はなさんはこの後、捕獲されて抱っこで車に乗りました(^_^;)。

ダメじゃない、あんなに興奮しちゃ。
野生の血が
へたれのくせに、余計なところで野性を発揮しないの!
しばらく安曇野公園散歩は中止ですから!


悲しむはなさん
リード引っ張りすぎてむせてたでしょ!
あんなお散歩心にも体にもよくありません!


公園の職員さんに聞いたら、もう少し寒くなると、お猿さんもいなくなるそうなので、
一、二週あづみの公園散歩はお休みしようと思います。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
スポンサーサイト
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(5) 
2014.10.27/ 00:00(Mon)
さて、最近自宅待機させられているはなさん。
そのせいで、ボスははなさんの写真を撮ることができていません。

もうブログを書かなくてはいけないのに、写真が全然ないので、
自宅待機中のはなさんの写真を撮りに行きましたが…

当然のように写真拒否↓。
協力しないはなさん

甘えてくるくせに、
甘えるはなさん

写真を撮るのは断固拒否。
断固拒否

でも、富士子が近くに来ると、はなさんの態度が変わる気がするのは、
ボスの気のせいじゃないと思うのです。
モデルはなさん
黄色矢印の所に富士子のあんよが見切れています(* ̄m ̄)。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2014.10.23/ 10:39(Thu)
我が家にいる犬猫たちは、寒い所で寝ていると、
必ず毛布やタオルなどに顔だけ出して埋められます。ねむねむぴーちゃん
な~んにもしてませんよ。

茶色の毛布を掛けた上に余った敷毛布でぐるっと巻いてみました。

こういうことをチャシロにすると、可愛くないことに、
私が目を離したすきに毛布から脱出するのですが、
(私が近くにいる間は耐えている)
ピーちゃんはかわいくていい子だから、そのまますやすや寝てくれます♡
すやすやピーちゃん

そして、おきてからも毛布がかかっていることを気にせずにうろうろ歩き回っている所が、
さらにかわいいと思うのです。
気にしないピーちゃん
↑なんか困った顔をしているようにみえますが、特に困っていません。




ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
チャシロを在宅勤務にしていたら、全然チャシロの写真が撮れません(^_^;)
月曜日の更新までには撮らなくては…
 
Category: ホテル
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2014.10.20/ 10:28(Mon)
以前、はなさんの地位を脅かしたピーちゃんが戻ってきました。また来ちゃった

今度も長逗留になるので、ストレスをすくなくするために、
院内散歩の時間を適宜とるようにしてます。(お外散歩も朝晩しています。)
ピーちゃん喜びの舞
↑ケージから出してもらって喜びのスリスリ中のピーちゃん

そのため、はなさんには在宅勤務をお願いしています。
前にピーちゃんが来たときには、はなさんは絶賛在宅勤務ブーム中だったので問題なかったのですが、
最近はちゃんと勤務するようになっていたので、在宅勤務指示にちょっとご不満の様子。
在宅勤務じゃなくていいのに

まあまあ、ピーちゃんのためにしばらく我慢しておくれ。
陽だまりでいじける
↑二階でいじけるはなさん




ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)

 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2014.10.18/ 00:00(Sat)
「先生、××(飼い主さんの名前)です。え~、かなり…。」

水曜日、犬の散歩から帰ってくる途中、
私の携帯電話に着信があった。
とってみると病院からで、留守番電話の転送だった。
流れてきた声を聴いて、私は暗い気持ちになった。
「ああ、だめだったか…。」

話しは2日前の月曜日にさかのぼる。
祝日で休診だったが、留守番電話に着信があった。
昔、松本に住んでいたころよくお世話になった方からだった。

保護した子猫がかなり危ない状態らしい。
風邪をひき、松本の病院で何度か見てもらったが、
いったんよくなってはぶり返すを繰り返しているという。
祝日でどこの病院も開いておらず、何とか診てもらえないかという事だった。

連れてきてもらったが、生後5か月で体重800g。
生後1か月半くらいの子猫と変わらない体重だ。
生きて行くにはあまりにも軽い。
食欲がなく、強制給餌しようとしてもものすごく抵抗するため
まともに食べさせることもできないらしい。

とにかく、栄養を取らせなければ。
経鼻カテーテルを設置することにした。
カテーテルを入れるとき、大きく開いた子猫の口が見えた。
うっすらと黄色い。黄疸を起こしている。
私の中で、この子が生き残る可能性がどんどん下がっていく。

残った力を振り絞って必死に抵抗する子猫を見て、ものすごい罪悪感を感じる。
「私はもう十分戦って、命を終えようとしている子に、無駄な苦痛を与えようとしているだけではないか?」

それでも、ほとんどゼロかもしれないくらいの可能性に賭けて、経鼻カテーテルを入れ終えた。
そのまま少しの流動食をカテーテルから食べさせたが、子猫はぐったりして動かない。

入院させるか飼い主さんに聞いたが、今日を越せないかもしれないから連れて帰るという。
抗生剤と抗ウイルス薬をシロップにして、その日の分をカテーテルから入れて家に帰した。

翌日、電話をして安否を聞いた。
まだ生きているが、状態は変わらないという。
流動食はカテーテルから食べさせることができていて、吐くこともないそうだ。
とにかく、頑張って流動食を続けるように指示した。

そして水曜日。子猫はまだ生きていた。
生きられるかわからないからと2日分しか持っていかなかった薬の追加を取りに、
飼い主さんが昼に病院に来た。
その時は子猫が顔を上げるようになったと喜んでいた。
病院で指示した粉を溶かすタイプの流動食だとカテーテルが詰まってしまうから、
市販の液体の状態で売っている猫用ミルクでもいいかと聞かれ、大丈夫だと答えた。

その後、あの電話がかかってきた。
留守番電話の声が続く。
「あの後、ホームセンターでミルクを買って帰って、すぐ飲ませたんです。
その後3時ごろまた飲ませようとしたら…」

吐いてしまったのか…。
市販のミルクがお腹に合わなかったのか…。
せっかく少し希望が見えたと思ったのに…。

「かなり…かなり…」
吐いてしまったら、体力を消耗してもうだめかもしれない。


 
「自分で飲みたがってケージから出てきちゃうんですけど、どうしたらいいですか?」




食欲でたんかい!

ああ、そうか。カテーテルが入ったまま、口からものを食べていいかわからなかったのね。
いいですよ。好きなだけ食べさせてください。

かなり脱力しながら、電話を掛け直し、電話を切ると、
じわじわと嬉しさがこみ上げてきた。



えー、このお話から皆さんにお伝えしたいこと、それは…
「重篤な患者さんを抱えているご家族の方は、
電話の時まず安否を教えていただくと、獣医の胃にやさしいです。」
という事です。
よろしくご協力のほどお願いいたします。




ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)

 
Category: スタッフ日記
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2014.10.16/ 10:55(Thu)
月曜日は、祝日でお休みだったのに、
台風の影響で残念ながら普段と同じくらいしかお散歩できなかったはなさん。

そのせいか、昨日の水曜日のお散歩は妙にはりきっていました。
いつもぶらぶら歩くはなさんが、なぜか早足だし、
お花畑
↑この広場を一周回って、さらに二周目に突入しようとしました。

このお花畑の右の芝生をグルッとまわって、右奥の森に入って敷地の端までのぼり、
行き止まり
↑写真右奥の森の一番端までいったところ

出てきて左奥の森をぐるっと回ってまたこのお花畑に戻る。
はなさんダッシュ
↑写真左奥の森を駆け足のはなさん

計ったわけではないですが、たぶん速足でも20分くらいはかかる…しかも坂道…。
そしてここから駐車場までも20分くらいはかかる…。

二周目はボスの体力の問題で、ご遠慮願いました。

普段はやる気がないくせに、なんだったんでしょうね、この日は。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2014.10.13/ 00:00(Mon)
以前、ちらっと書いた「おかお」。
ただいま、鋭意特訓中です。
手の端っこにおやつを置いて、「おかお」といいます。
手の上にはなさんのおかおが乗ったら誉めておやつをあげます。
あとちょっと

上手にできることもあるのですが、
こうですか?

「おて」との違いがよく分からない様子。
どゆこと?
はなさん、「おて」じゃなくて「おかお」ですよ。

奪い取る
いやいや、いぢわるしてるんじゃなくてね…。ああっ。

そんなわけで、はなさんの「おかお」習得には、まだまだ時間がかかりそうです。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
2014.10.11/ 09:00(Sat)
こんにちは!看護師の丸山です。

朝晩冷えますね
そのせいでちぃちゃんは私にべったりなんですけどね

ソファーでテレビを見ていると乗せて乗せてとせがみ、
私の脇の間や谷間(笑)に顔を埋めて気持ちよさそうにしていると
可愛すぎてちょっかい出したくなります

寝るときもべったりです。
ゴロゴロの音量が大きすぎてなかなか寝れなかったり
寝返りうてなかったりしますが、やっぱり可愛いですね

冬は猫好きにとっては最高の季節ですね!
私は犬好きでもありますが…(笑)

はなさんも、寝言言ったりとか股に顔突っ込んで甘えてきたりすると
やっぱり可愛いなぁと思います

犬飼いたくなってきた!

やっぱり動物って癒されますよね

 
Category: スタッフ日記
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2014.10.09/ 15:29(Thu)
本日更新をお休みします<(_ _)> 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2014.10.06/ 00:00(Mon)
夏のあいだ、天候が不順であまりお外に行かなくなっていたはなさん。
秋になって、お天気の日が続くようになって、お外犬が復活しています↓。
日向ぼっこはなさん

お日様の動きに合わせて場所を移動しながら、日向ぼっこをしています。
日陰が迫って来る

おうちの中に取り込む頃には、ホカホカ(というかアツアツ?)になっています。
そして、埃っぽくてまっくろくろ
当然、中に入ってきた時には拭いています。
床拭き用の雑巾で!
ちょっと不満なはなさん

タオルで拭いて
土まみれ、埃まみれのチャシロなんか、雑巾で十分です。
自分でシャワー浴びて入ってくるようになったら、タオルで拭いてあげます。


チャシロがお外を忘れてくれることを願ってやまないボスでした(´;ω;`)。




ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)


 
Category: はな
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2014.10.02/ 00:00(Thu)
これは、どっちかというとスタッフ日記だと思いますが、
もしかしたらお役に立つこともあるかも…と思い、木曜日のネタにしました。
残念ながら、写真なしです。
撮っておけばよかったと、今になって思います。

先日の早朝(朝六時頃って早朝ですよね?)、猫の声で目が覚めました。
「子猫が親を呼んでる声だな~」なんて思っていたのですが、なかなか鳴き止まない。

「え!?もしかして子猫捨てられた?」と思い、外に出てみても見つかりません。
大体、動物病院に子猫を捨てていくっていうのはよくあることですけど、
(絶対やめてください、大迷惑です。そしてそもそも犯罪です!)
うちの場合、通り沿いは夜でも人目に付くし、敷地内に入るとはなさんがギャン吠えするし、
知らないうちに置いていかれるというのは考えにくい状況です。

おかしいなあと思いつつ、家の中に戻ったのですが、
その後も猫の鳴き声は続き、病院を開ける時間になってもまだ声がしています。

多分なにか困ったことになってる猫がいるなあと、
声のする方向を探ってみると、お隣のお庭の木の下に猫さんが…。
でも、そのネコさんは鳴いていません。
ふと視線をあげてみると、生後3~4ヶ月の子猫が枝の上に…。
「あ~、降りられなくなっちゃったのね…(´・_・`)」

ちょうど、お隣の方が出てこられたので、
はしごをお借りすることと、庭にはいらせていただく許可を取り、
洗濯ネットとバスタオルを持って(野良なので、素手では危険)
はしごを木にかけて救出に向かったのですが、
怯えてさらに上に登っていってしまいました(>_<)。(そりゃそうだよね~、野良だもん)

困り果てて一旦病院へ戻り、インターネットで対処法を探そうとしたんですが、見つかりません。
「動物病院へ相談」とか書いてあるのもあって、
「なんでも獣医に聞いたら解決すると思うなよ~!!」なんて思ってみました。
で、困り果てていたのですが、
ふと、「一番下の枝までだったら自分で降りられるんじゃない?」と気づき、
「じゃあ、一番下の枝にはしごをかけておいたら自分で降りられないかな?」と思い、
はしごを人が登るのに使うよりも斜めにして
木の一番下の枝のところに立てかけて、その場を離れました。

一時間くらいたって、子猫の声が聞こえなくなって様子を見に行くと、
親子猫はいなくなっていました。
(ちなみにお母さん猫(多分)はこの間ずっと少し離れたところから見守っていました。)

え~、今回のことから学んだこと。
高いところで降りられなくなっている猫を見たら、
はしごをかけて、そっとしておいてみましょう。です。

最後に、うちのお隣の方は、猫の糞害の被害に遭われたり、
素敵なお庭を猫に荒らされたりしていて、「猫は嫌い」と公言されています。
にも関わらず、猫さんの救出に快く協力してくださったことに心から感謝しております。



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとひと押しお願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Copyright © 2014 あづみの動物病院ブログ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。